会社概要採用情報
2ヶ月無料試用 入会申込 お問い合わせ
公司概要

中国企業信用調査サービス

危ない会社の見分け方(中国編)

以下のような課題の場合、当社中国企業信用調書サービスを御利用ください。
中国企業と取引する場合、

中国企業信用調査

中国企業との新規取引開始、決済条件変更時に当社の中国企業信用調査サービスをご活用ください。
中国にある企業1,000万社を対象にした企業関連情報が簡単に入手できます。

中国企業簡易情報ナビ

会員価格300元~(※キャンペーンにて2019年1月末まで会員価格150元)、5営業日で納品。
対象企業の登記情報、訴訟記録、納税ランク及びそれにより5段階の評価(星印)が記載されたレポート。
加えて、支店情報や商標、特許、対外投資、動産登記などの豊富な情報を付加。
中国企業の簡易な評価と情報を安価に入手いただけます。

詳しくはこちら

中国企業信用調査レポート

会員価格1512元~、9営業日で納品。
対象企業の決算情報、代表者情報、訴訟情報、取引先情報などが記載された豊富な企業信用調査レポート。
もちろん、日本語中国語両言語でご提供するため、貴社中国人スタッフにもご利用頂けます。
また、日本の大手与信管理会社リスクモンスターによるRM格付がついてます。
リスクモンスター格付はA~Fの6段階。日本での与信管理基準と同等の基準で中国企業の与信判断を行えます。
更に、リスクモンスターが推奨するRM与信限度額もついています。
RM与信限度額は、「リスクモンスターが推奨する適正な与信限度額」を算出。
与信の意思決定や取引先に対する取引限度額設定の具体的な指標としてご活用いただけます。

詳しくはこちら

ポートフォリオサービス

自社を構成する取引先の今の状態が正常かどうか、定期的に診断することは極めて重要です。
ポートフォリオサービスで取引先全体を分析して、与信リスクを定量化します。
貴社よりお預かりした取引先リストに基づいてポートフォリオ分析を行い、与信リスクを定量化して、リスクの所在を明確にいたします。取引先を取引額と格付の分布表に配布することによって、リスクも所在が可視化され、今後攻めるべき先と守るべき先が明確になります。

詳しくはこちら

与信管理研修サービス(講師派遣型出張セミナー)

与信管理の強化には各担当の方々の意識・知識の向上が必須です。
リスクモンスターチャイナでは、与信管理の基礎知識の習得にお役立て頂ける各種セミナーを定期的に開催しているほか、当社の専門スタッフが訪問し、貴社の社員の方々を対象とした与信管理研修を実施する講師派遣型出張セミナーも提供しています。
【与信管理基礎講座】与信管理の重要性をご希望の企業様にオススメ!
与信管理ってなぜ重要なの?営業担当者としての与信管理の「心得」が分かる内容となっています。

詳しくはこちら

(568KB/PDF)

中国での与信管理ルール構築コンサルティングサービス

貴社に最適な与信管理ルールを構築することで、債権未回収や焦付き予防のサポートします。
「中国系企業との信用取引拡大に伴う与信リスクの不安」「取引先の大半が支払期限を守らない」「営業部門の与信管理意識が薄い」「社内に文書化された与信管理ルールがない」「会社全体で抱えている与信リスクを把握したい」などのお悩みはありませんか?
リスクモンスターチャイナでは日本と中国で培った与信管理ノウハウを基に、貴社の実態を踏まえた貴社だけの与信管理体制構築のサポートを致します。

詳しくはこちら

(677KB/PDF)

中国企業信用調査・営業支援システム

スピーディ
約1,000万社の中国企業に対し、倒産確率に基づいた6段階の「RM格付」を付与した信用調書をWebを通じてスピーディにお申込できます。
一元管理
中国企業信用調査管理ファイル機能を使いクラウドサービス上での調査企業の一元管理が可能となります。
営業支援
上海・北京を中心とした約70万社の中国企業データベースを様々な条件での企業リストを作成するオプション機能を提供しています。
画面の解説はこちら

危ない会社の見分け方(中国編)

危ない会社の見分け方(中国編)

中国企業の倒産トレンドや企業情報収集方法、財務分析のポイント、与信限度額・与信管理ルールの運用実態などを解説しております。詳しく知りたい方は右の画像からクリックしご覧ください。

よくある質問

中国の企業情報は取得が難しいのでは?
いいえ。日本より多くの情報が入手可能です。日本の場合は、登記されている会社の15%程度しか調査会社に財務情報がありませんが、中国の場合は、約80%の可能性で財務情報を入手することができます。
また、無料で登記情報が閲覧でき、登記情報には株主や出資比率、各項目の変遷まで分かります。
中国の調査会社はどのように調査するの?
中国に調査会社は100社以上、上海だけでも30社以上が存在しています。
各信用調査会社の調査方法は概ね共通しており、主に①工商局や税務局、統計局など政府部門のデータベース、②ネットや印刷メディアの情報、③電話や現地訪問によるインタビューの3つの手段で行われています。
①においては、信用調査協会に認定されている信用調査会社であれば、一般では入手できないような財務情報などの詳細情報も入手可能となります。
一方で、③現地訪問については殆どの調査会社で行われておらず、実質的に電話調査が中心となっています。
企業信用調査レポートにおいて最も重要なことは、調査対象企業が信用できる会社か否かが判断しやすいということです。リスクモンスターでは、専属のアナリストが中国企業信用調査レポートを基に1社1社分析し、中国企業の信用度を格付として表しているため、評価が明瞭で分かりやすくなっています。
信用調書に記載されている中国企業の財務情報って信用できるの?
いいえ。日中のいずれに関わらず、入手した決算情報の内容を安易に信用してはいけません。日本では、主に中小企業で見られるケースとして、調査会社向けや銀行向け、税務署向けなど、提出先ごとに内容の異なる決算書が提出されている、ということがあります。
中国でも同様に、工商局と税務局とでは提出している決算書が異なるという場合があります。
このような状況を踏まえると、決算書分析の際には、入手した決算情報が信用できるものかどうか、つまり粉飾が行われていないかを見極めることが重要になります。
最新の財務情報はいつ入手できますか?
毎年4月以降一部の企業は前年度の財務情報が入手できます。7,8月頃には、ほぼ全ての企業の昨年分の財務情報が入手可能です。これは各企業が毎年6月末までに情報を開示(登録)する義務があるため、その前後が最新財務情報が入手できる時期となります。
財務情報は必ず入手可能でしょうか?
2013年財務情報まではほぼ100%の可能性で財務情報が取得できました。ただし、2015年の工商局年度検査制度改正により、企業は決算書を工商局へ提出する義務が無くなったため、最近の財務情報取得率は約80%と低下傾向にあります(2015年10月現在)。